ダイエットサポート!体脂肪を減らすサプリランキング
第1位
葛の花減脂粒
葛の花 減脂粒
葛の花由来イソフラボンの他アミノ酸が豊富な鹿児島県産黒酢もろみを配合しダイエットサポート。
詳細はこちら
第2位
ヘラスリム
ヘラスリム
90日間の返金保証もあるので気軽に試せる商品。
詳細はこちら
第3位
シボヘール
シボヘール
定期購入の場合1日あたり87円(税抜き)1日4粒なので続けやすい。
詳細はこちら

L-カルニチンがダイエットに効果的って聞くけど実際は?

ダイエットに効果のある成分や栄養素をいろいろと調べる内によく目にしたのが「L-カルニチン」でした。ダイエット効果を謳うサプリメントに配合されることが多かったのですが、体にどのような働きがあるのか、どのようなメカニズムでダイエット効果をもたらすのか、そしてそもそも本当にダイエットに効果があるのかというところまでは知らなかったので、この際詳しく調べてみようと思いました。

そしてその中でポイントとなったのは、私たちの細胞の中に存在するミトコンドリアという小器官でした。さらにミトコンドリアとダイエットの関係について調べていくと、L-カルニチンの他にコエンザイムQ10やカテキンなどもダイエットに効果がありそうだということが分かってきました。そこで、それらの成分についてまとめてみることにしました。

L-カルニチン

脂肪燃焼
ダイエットサポートサプリによく入っている「L-カルニチン」という成分が気になったので調べてみました。いったいどのように体に働きかけて、本当にダイエットに効果があるのでしょうか。結論、L-カルニチンという成分自体はダイエットに効果的ですが、サプリメントなどでの経口摂取でのダイエット効果ははっきりと確認されていません。どういうことか、その理由をまとめてみました。

L-カルニチンの代表的な作用としては、エネルギーを作り出して脂肪燃焼を助けてくれる働きが挙げられます。L-カルニチンは肉類に多く含まれるアミノ酸の一種で、この成分が体内に豊富にあれば太りにくい体を維持することができると言われています。体内では脂肪はミトコンドリアによって燃焼されてエネルギーになるんですが、この時に血中の脂肪をミトコンドリアに運んでくれるのがL-カルニチンなんですね。そのためL-カルニチンが不足すると脂肪を燃焼しにくくなってしまい、肥満の原因となってしまいます。

だからといって、痩せるために直接L-カルニチンという成分をそのまま経口摂取すればいいかというと、それに関してはまだ研究の結果がはっきりと出ていないのが現状です。実際にL-カルニチン欠乏症という病気の治療で経口摂取を行うこともあるそうですが、サプリメントにおいてダイエット目的でL-カルニチンを摂取することで痩せるかどうかというところまでは分かっていないようです。

コエンザイムQ10

コエンザイムQ10
私がL-カルニチンのダイエット効果について調べる上で興味を持ったのが、ミトコンドリアでの脂肪の燃焼でした。ミトコンドリアで脂肪を燃焼させる働きを持つ成分は他にもあるのでしょうか?実はその一つがコエンザイムQ10なんです。美容のシーンでよく耳にする成分ですが、もともとはどのような働きを持っているのでしょうか。

コエンザイムQ10とは肉や魚などに含まれていることが分かっている脂溶性の物質で、人の体内でも合成され、ミトコンドリアの中に存在しています。「コエンザイム」とは補酵素のことを指しますが、補酵素とは酵素の働きを助けるための酵素、つまり酵素のための酵素のことです。コエンザイムQ10に関していうと、ミトコンドリアで脂肪を燃焼してエネルギーを生み出すための酵素を助ける役割を持っています。

コエンザイムQ10がなぜ美容のシーンでも注目されているかというと、それ自体が強い抗酸化作用を持っていることと、抗酸化作用を持っているビタミンEをサポートする働きを持っているからなんです。

ただ、同じコエンザイムQ10でも医療の現場で使用されるものとサプリメントに配合されているものとでは質が異なります。基本的に医療現場では純粋なコエンザイムQ10が使用されていますが、サプリメントに関しては他のさまざまな添加物とともに摂取することになるため、どうしても質の低下は避けられないので注意が必要です。

カテキン

緑茶
次にミトコンドリアとダイエットについて調べる内に気になった成分はカテキンです。カテキンといえば、「高濃度茶カテキン」を前面に打ち出してダイエット効果を謳うお茶も市販されていますが、カテキンには本当にダイエット効果があるのでしょうか。

カテキンはポリフェノールの一種で、緑茶などに含まれる苦味の成分です。抗酸化作用が非常に強い特徴があり、その力はなんとビタミンEやビタミンCの数十倍とも言われています。他にも血中コレステロールの増加を防いだり、優れた殺菌効果も認められています。そのようにカテキンは体にとって嬉しい効果がいくつもあるのですが、その中でも私が注目したのはカテキンがダイエットにも役に立つという点です。
ミトコンドリアで脂肪が燃焼されてエネルギーが作り出されることは前述の通りですが、カテキンにはミトコンドリアを活性化する働きがあることが分かってきました。1995年に発表されたある研究では、緑茶の摂取量が多い人ほど血中の中性脂肪やLDLコレステロールが低かったそうです。

      2017/07/13

 - 葛の花由来イソフラボンとは