ダイエットサポート!体脂肪を減らすサプリランキング
第1位
葛の花減脂粒
葛の花 減脂粒
葛の花由来イソフラボンの他アミノ酸が豊富な鹿児島県産黒酢もろみを配合しダイエットサポート。
詳細はこちら
第2位
ヘラスリム
ヘラスリム
90日間の返金保証もあるので気軽に試せる商品。
詳細はこちら
第3位
シボヘール
シボヘール
定期購入の場合1日あたり87円(税抜き)1日4粒なので続けやすい。
詳細はこちら

低インスリンダイエットとは?太る原因はこれかも

一般的に、肥満の原因は消費カロリーよりも摂取カロリーが上回っている事が挙げられます。たしかに、たとえば1日2000kcal摂取している人が1日に1500kcalしか消費していなければ、500kcalは余ってしまい体内に蓄積されてしまいますよね。ということは、単純に考えて摂取カロリーを減らすか消費カロリーを増やすかすれば痩せていくことになります。そこで、脂肪はどのような流れで分解され燃焼していくのかというカロリー消費の面と、どのように体内に蓄積されていくのかというカロリー摂取の面の両方から肥満について調べてみました。脂肪が体内で燃焼されるまでの流れや、脂肪を減らすおすすめの食事方法などをまとめてみたのでぜひとも参考にしてみてください。

脂肪を減らすためには血糖値を下げるべし

血糖値
脂肪を減らすために食事に気をつけたり、ダイエットに効果があると言われているエクササイズをやってみたりする人は多いと思います。ただ、脂肪が体内でどのように燃焼されるのかを知っている方は少ないと思います。そこで、体内に取り込まれた脂肪が消費されるまでの流れを簡単にまとめてみることにしました。

脂肪はどのタイミングでエネルギーに変換されるのかというと、体内の血糖値が下がった時です。脂肪を分解するのはリパーゼという脂肪分解酵素なんですが、このホルモンは褐色脂肪細胞が活性化された際に生成されます。このホルモンの働きにより脂肪が分解されて脂肪酸が生成されると、それが血液によって全身の筋肉に運ばれてエネルギーとして使われます。このエネルギーが使われることを燃焼と呼んでいます。つまり、血糖値を下げることが、脂肪を燃焼するスタート地点なんです。

脂肪を減らす効果の高い食事方法があった!

緑黄色野菜
脂肪を減らすためには血糖値を下げることが重要であることは前述の通りですが、有酸素運動の他にも食事によって血糖値をコントロールすることができるんです。脂肪を減らす効果の高い食事と有酸素運動を組み合わせることで、効率的にダイエットをしていきましょう。

ではどのような食事が脂肪を減らす効果があるのでしょうか。実は、そのポイントとなるのが「インスリン」というホルモンなんです。インスリンは血糖値のコントロールには密接な関係があるので、脂肪を減らすためにも知っておきたいホルモンの一つです。身近なところで言うと、以前に雑誌かなにかで「低インスリンダイエット」という言葉を見かけたこともありますが、インスリンはいったい体にどのような作用を及ぼすのでしょうか。

インスリンの役割は、食事で摂り入れた糖分を優先的にエネルギーに変換して、食後の血糖値の急激な上昇を抑える働きをもっています。しかし、それと同時に使い切れなかったエネルギーを脂肪として体内に蓄積させる働きを持っているんです。つまりインスリンが分泌されすぎてしまうと、脂肪の増加につながってしまうということなんですね。だから「低インスリンダイエット」という方法が話題になったんです。

インスリンの過剰分泌を防ぐには、ゆっくりとよく噛んで食べることが大切です。体内に急に大量の食物を摂り入れてしまうと、それに呼応する形でインスリンも大量に生成されてしまうからです。また、有名な話ですが体に吸収されにくいものから先に食べることも効果があると言われています。たとえば野菜などの食物繊維が豊富なものであれば、その後に炭水化物や肉などを食べても栄養素は緩やかに吸収されるようになります。他にも、緑黄色野菜や海藻などの低GI食品と呼ばれる食材を摂り入れることも効果的です。

      2017/07/13

 - 脂肪を減らす仕組みを学んでお腹を引き締める!